熊本市中央区の皮膚科 水前寺皮フ科医院 【皮膚科・形成外科・アレルギー科・皮膚腫瘍科・性感染症内科】
ホーム > 院長紹介

 院長 井上 雄二(いのうえ ゆうじ)

■ ご挨拶

院長紹介

はじめまして、平成28年4月より水前寺皮フ科医院の院長に就任しました井上雄二です。
昭和35年、天草郡栖本町(現天草市)生まれです。真和中学、真和高校にて6年間の寮生活
を送りました。

平成元年熊本大学卒業後、熊本大学附属病院(荒尾龍善教授)、熊本市民病院(木藤正人医長)、水俣総合医療センター(武藤公一郎部長)に勤務し、平成7年以降は文部教官として熊本大学皮膚科・形成外科教室(小野友道教授、尹浩信教授)において診療・研究・教育に関わってきました。
平成26年4月より2年間、熊本市民病院皮膚科部長(高田明院長)を務めたあと、前任の税田武三先生のご厚意により水前寺皮フ科医院を継承・開業させていただきました。
専門は皮膚科一般ですが、熊大時代には皮膚ガンの診断と治療を主なテーマとしていました。
特に、ダーモスコピーについては、2010〜2011年にオーストラリアMelanoma diagnositic centreのProf. Scott Menziesに師事し、皮膚がんに止まらず皮膚病全般に対して診断技術を研鑽しました。
私が皮膚科を志したきっかけの一つに、医学部6年生の夏に悪性リンパ腫疑いで入院していた友人を見舞いに行った時、皮膚科の先生が皮膚所見を一目見て「はい、水ぼうそう」と言って笑いながら帰って行った姿が限りなくカッコよく見えたことがあります。

「皮膚は全身を映す鏡」「デルマドローム」:私だけではなく皮膚科医が一番好きな言葉です。

皮膚所見を見ることで内臓疾患まで見通す診断力、正に医師としての醍醐味です。実際には皮膚だけをみて全身の病気を全て見通すなどということはできませんが、少しでもデルマドロームを実践できる皮膚科医を目指しています。さらに、大学病院や公的な大病院では出来なかった、より患者さんに近い皮膚科医として今後も頑張っていきたいと思います。どうかよろしくお願いします。
水前寺皮フ科医院 院長 井上 雄二

■ 略歴

平成元年3月 熊本大学医学部医学科卒業
平成元年5月 医師免許取得
平成元年6月 熊本大学附属病院 医員(研修医)
平成2年4月 熊本市民病院 医員(研修医、専修医)
平成3年7月 水俣総合医療センター 医師
平成4年7月 熊本大学附属病院 医員
平成6年7月 熊本大学附属病院 助手
平成16年6月 熊本大学附属病院 講師
平成22年7月 オーストラリア・メラノーマ研究所(シドニー)
平成23年4月 熊本大学皮膚病態治療再建学 准教授
平成26年4月 熊本市民病院皮膚科 部長
平成28年4月 医療法人 水前寺皮フ科医院 院長

■ 資格・専門

・日本皮膚科学会認定皮膚科専門医
・日本皮膚科学会認定皮膚悪性腫瘍指導専門医
・医学博士(熊本大学)


■ 学会・所属・社会活動など

・熊本皮膚科医会会長
・熊本大学非常勤講師
・日本皮膚悪性腫瘍学会(評議員)
・日本皮膚外科学会
・日本褥瘡学会(評議員)
・日本感染症学会
・熊本地方裁判所専門委員
・International Dermoscopy Society

医療法人 東遠堂

院長は天草市の栖本町出身です。1637年、天草・島原の乱は、旧有明町で起こったとされています。栖本町は有明町の隣であり、旧天草5氏の一人である栖本氏の領地でした。住民のほとんどがキリシタンであったため、天草・島原の乱で討ち死にしたとされています。そこで、乱後には幕府によって大規模な移住政策が行われました。天草には立派な浄土宗の寺がいくつもありますが、これらは幕府によってとられた住民の仏教化政策によるものです。現在の天草、特に上島や天草四郎の生まれた大矢野島でさえもキリシタン文化は全く存在しません。天草=キリシタン文化の印象は、天草・島原の乱に参加できなかった河浦から牛深にかけての隠れキリシタンとして残ったものだけです。井上家の先祖は長州に起源があります。17世紀中ごろに藩命で長崎に留学していた先祖が幕府(藩)の命によって天草・栖本へ移住させられ、診療所を開設したそうです。以来、200年に渡って栖本町にて東遠堂医院を守ってきました。東の故郷が遠かったので東遠堂と名付けたとされており、望郷の念がこもっているそうです。昭和になり、満州国が設立されたのを機に家長と東遠堂は満州国に移転しますが、私の4代前の先祖は栖本町に残って百姓として井上家を存続させてきました。当時は、一子相伝の時代ですから私の祖先には医業は伝承されなかったとのことでした。戦前、私の伯父が医師になるために満州へ渡っていますが、徴兵されたために叶わずに帰国しています。従って、井上家にとっては医業を復活させることは三代にわたる悲願でした。私も医師になった時には、天草で開業することが1つの目標でもありました。色々な事情で、それはかないませんでしたが、診療所を復活させるという目標は何とか達成することができました。そこで、思い切って法人名を東遠堂とすることに決めた次第です。天草でも山口でもありませんが、水前寺の地で、地域に根差した皮膚科診療を行っていきたいと思っています。今後ともどうかよろしくお願いします。


■ 論文・著作

1.Minoru Hasegawa, Yuji Inoue, et al. Wound, pressure ulcer and burn guidelines - 1:
Guidelines for wounds in general, second edition: Guidelines for wounds in general.
J Dermatol 47(2), 2020

2.井上雄二.全身性感染症.エビデンスに基づくQ&Aでわかる皮膚感染症治療.71-77,
 宮地良樹,その他編集.中山書店.2020年

3.Keisuke Sakai, Satoshi Fukushima, Satoru Mizuhashi, Masatoshi Jinnin, Takamitsu
Makino, Yuji Inoue and Hironobu Ihn. Allergology International 69(2), 274-278, 2019

4.Hisashi Kanemaru, Noritoshi Honda, Yousuke Kubo, Haruna Nishihara, Takehiro Onuma,
Keisuke Sakai, Satoshi Fukushima, Yuji Inoue, Yumi Honda, Hironobu Ihn.
Case of cutaneous myoepithelioma managed with surgical resection without recurrence
for 4 years. J Dermatology, e206-e208, 2019

5.井上雄二、宮下梓、尹浩信.アムロジン内服により生じた光沢苔癬の1例.西日本皮膚科80;
122−124、2018

6.井上雄二.その他.創傷・褥瘡・熱傷ガイドライン2018.金原出版.2018年6月発刊.

7.井上雄二.せつ・よう.井上雄二.私の治療2017-18年度版.1004-1005. 猿田亨男、北村
惣一郎監修.日本医事新報社.2017年7月発行.

8.井上雄二.晴天の霹靂.日本臨床皮膚科学会雑誌34;1.2017

9.Yuji Inoue, minoru Hasegawa, Takeo Maekawa, et al. The wound
/burn guidelines-1:Wound in general. J Dermatol. 43;357-375 (2016)

10.井上雄二.他科への手紙.皮膚科→内科一般.日本医事新報No.4792. 49頁.2016.

11.井上雄二.トキシックショック症候群,トキシックショック様症候群,
ビブリオ・バルニフィカス感染症.皮膚科研修ノート P403−405.診断と治療社、
東京、2016年4月20日発行.

12.中島聡子、井上雄二、加口敦士、近藤雄一、中村元信、尹浩信. 色素失調症
(Bloch-Sulzberger Syndrome)の1例. 西日本皮膚 78(6):613-616,2016


13.Sho Egashira, Ikko Kajihara, Hisashi Kanemaru, Mihoko Uemura-Kiyohara,
Saori Yamada-Kanazawa, Satoshi Nakahara, Eiko Nagamoto, Satoshi Fukushima,
Masatoshi Jinnin, Yuji Inoue, Hironobu Ihn. Achieved good response of S-1
and docetaxel combination chemotherapy in two patients with metastatic
extramammary Paget`s disease. J Dermatology 44(5):e103-e104, 2016

14.井上雄二:家族性悪性黒色腫(FAMMM症候群).臨床画像32(10):91-94、2015.

15.井上雄二:褥瘡. 今日の治療指針2014年版. 高木誠,小室一成,赤水尚史(編),
医学書院, 1137-1138 (2014)

16.Inoue Y, Menzies SW, Fukushima S, Nishi-Kogushi H, Miyashita A, Masukuchi S,
Muchemwa F, Kageshita T,Ihn H. Dots/globules on dermoscopy in nail-apparatus
melanoma. Int J Dermatol. 53(1):88-92 (2014)

17.井上雄二:本邦の創傷・熱傷ガイドラインにおける痛みの取り扱い. 尹浩信,
谷岡未樹(編),金原出版, 29-36 (2013)

18.井上雄二:皮膚悪性腫瘍-基礎と臨床の最新研究動向-悪性黒色腫の発癌機序(家族性).
日本臨床増刊号皮膚悪性腫瘍.土田哲也(編), 日本臨床社, 112-115 (2013)

19.井上雄二:皮膚悪性腫瘍-基礎と臨床の最新研究動向-悪性黒色腫のスクリーニングと予防.
日本臨床増刊号皮膚悪性腫瘍.土田哲也(編), 日本臨床社, 214‐217 (2013)

20.井上雄二:皮膚悪性腫瘍-基礎と臨床の最新研究動向-センチネルリンパ節:歴史と概念、
同定の方法. 日本臨床増刊号皮膚悪性腫瘍. 土田哲也(編), 日本臨床社, 325‐329 (2013)

21.井上雄二:壊死性筋膜炎、ガス壊疽. 皮膚疾患最新の治療2013-2014. 
瀧川雅浩,渡辺晋一(編),南江堂, 163-164(2013)

22.井上雄二*:Vibrio vulnificusによる壊死性筋膜炎. Visual Dermatol.
全身性細菌感染症-壊死性筋膜炎の診断・治療を中心に-.中村晃一郎(編),
メディカル秀潤社, 282-283 (2013)

23.井上雄二*:壊死性筋膜炎、蜂窩織炎、丹毒. Derma.202 治りにくい皮膚病変治療の実際. 
尹浩信(編), 全日本病院出版会, 8-13 (2013)

■ 記事

1.巻頭言 国難.井上雄二.熊本皮膚科医会会報36号1-2.2020

2.コロナ関連アンケート結果について.井上雄二.熊本皮膚科医会会報36号3-6.2020

3.尹浩信教授をしのぶ.井上雄二.熊本皮膚科医会会報36号12-13.2020

4.移転開業報告.井上雄二.熊本皮膚科医会会報36号32-33,2020

5.尹浩信教授を偲ぶ.井上雄二.日本臨床皮膚科医会九州ブロック会報20号
11-12,2020

6.熊本県支部だより.井上雄二.日本臨床皮膚科医会九州ブロック会報20号:16,2020

7.第178回熊本市医師会登ろう会夏山登山(2020年8月30日)
井上雄二.森都医報9月号、2020

8.巻頭言 金持ち喧嘩せず.井上雄二.熊本皮膚科医会会報34号1,2019

9.熊本県支部だより.井上雄二.日本臨床皮膚科医会九州ブロック会報19号,2019

10.巻頭言 熊本皮膚科医会会長2期目に向けて.井上雄二
熊本皮膚科医会会報34号1-2,2018

11.クラウド型電子カルテ.井上雄二.熊本皮膚科医会会報34号8-9,2018

12.梅毒に関するアンケート調査結果.井上雄二.熊本皮膚科医会会報34号23-30,2018

13.熊本県支部だより.井上雄二.日本臨床皮膚科医会九州ブロック会報18号:16,2018

14.皮膚がん.井上雄二.くまもとの専門外来2017,34,2017

15.高齢化により年々増加する皮膚がん.井上雄二.熊本経済Vol 436, 188-189, 2017

16.医療最前線2017 最新の尋常性白斑治療機器導入.井上雄二
熊本経済 Vol 436, 210, 2017

17.新しい風―皮膚科休日診療―.井上雄二.森都医報Vol 802, 40, 20171

18.巻頭言.休日診療.井上雄二.熊本皮膚科医会会報33号. 1-2,2017

19.熊本市における休日診療.井上雄二.熊本皮膚科医会会報33号. 14, 2017

20.健康リポート医療大百科に出演して.井上雄二.
熊本皮膚科医会会報33号.25, 2017

21.抗ヒスタミン剤に対するアンケート結果.井上雄二.
熊本皮膚科医会会報33号.27-31,2017

22.薬疹について‐市民病院の2年間で行ったDLSTの結果を基に‐井上雄二
熊本皮膚科医会会報33号. 32-33,2017

23.熊本県支部だより.井上雄二.日本臨床皮膚科医会
九州ブロック会報 第17号,13-14, 2017

24.随想‐ジャカランタンの花‐.井上雄二.日本臨床皮膚科医会
九州ブロック会報第17号, 9, 2017

■ 学会発表・講演

1.当院において7年間に経験した新鮮梅毒36例の集計.井上雄二.日本皮膚科学会第231回熊本地方会.2021.3.14

2.エキシマレーザにて治療した成人環状肉芽腫の4例.井上雄二.
日本皮膚科学会第230回熊本地方会.2020.12.4

3.難治性蕁麻疹の4例.井上雄二.蕁麻疹診療を考える会 in KUMAMOTO. 2019.12.12

4.薬疹―本当は怖い薬の話‐.井上雄二.
第130回日本保険薬局会(HPhA)九州・沖縄ブロック熊本エリア研修会.2019.3.19

5.上下眼瞼に皮疹を認めた帯状疱疹68例の検討.井上雄二.
日本皮膚科学会第226回熊本地方会.2019.3.10

6.梅毒に関するアンケート調査結果について.井上雄二.
日本皮膚科学会第225回熊本地方会.2018.12.9

7.ヒトに寄生する病原微生物6種類の動画像.井上雄二.
日本皮膚科学会第222回熊本地方会.2018.3.4

8.薬疹について-市民病院の2年間で行ったDLSTの結果を基に‐.井上雄二,
熊本皮膚科医会第14回学術講演会.2017.1.14. メルパルク熊本

9.創傷一般.井上雄二. 第69回日本皮膚科学会西部支部学術大会 
シンポジウム4.2017.10.29.くまもと県民交流会館パレアホール.

10.アムロジンR内服により生じた光沢苔癬の1例.井上雄二、
日本皮膚科学会第221回熊本地方会.2017.12.3.くまもと森都心プラザ

11.創面環境調整(WBP)の必要性について.井上雄二,
日本褥瘡学会 在宅褥瘡セミナー(熊本県).2017.10.21. 恵楓会館

12.抗ヒスタミン剤に関するアンケート調査. 井上雄二,
ビラノア発売1周年記念講演会.2017.11.16. ホテル日航熊本

13.ニキビの治療最前線〜痕を残さないために〜.井上雄二,
熊本市民公開講座.2017.11.26. 熊本市国際交流会館

14.DLST検査にて原因薬剤を検討した中毒疹について.
緒方聡子、井上雄二、加口敦士、肥後順子、尹浩信.
第115回日本皮膚科学会(2016.6.5、京都)

15.熊本市民病院にて経験した基底細胞癌 93例の検討.
井上雄二、緒方聡子、清原美穂子、加口敦士、肥後順子.
日本皮膚科学会第217回熊本地方会(2016.2.28)

16.全身の紅斑・丘疹を繰り返した1例.上村美穂子、加口敦士、肥後順子、井上雄二.
日本皮膚科学会第215回熊本地方会(2015.2.15)

17.爪下ボーエン病の2例.緒方聡子、加口敦士.井上雄二、その他.
日本皮膚科学会第373回福岡地方会(2015.7.5、久留米)

18.当院での髄膜瘤治療経験.加口敦士、緒方聡子、井上雄二.
第30回日本皮膚外科学会学術集会(2015.10. 11)

19.Surgical treatment of planter melanoma.Yuji Inoue.
36th Annual Meeting of the International Society for Dermatologic Surgery

(2015.11.2, Seoul/Korea)

20.色素失調症の1例.緒方聡子、加口敦士.井上雄二、その他.
日本皮膚科学会第67回西部支部総会(2015.11.9、長崎)

21.Parallel ridge?の7例.井上雄二、緒方聡子、肥後順子、加口敦士.
日本皮膚科学会第216回熊本地方会(2015.12.6、熊本)

22.妊娠を契機に発症した汎発性膿疱性乾癬の一例.
緒方聡子、加口敦士.井上雄二、その他.
日本皮膚科学会第216回熊本地方会(2015.12.6、熊本)

23.創傷・褥瘡・熱傷ガイドラインに即した創傷治癒.井上雄二、
松山市皮膚科医会例会(2015.3.20、松山市医師会館)

24.紫外線と皮膚ガン.井上雄二.熊本市民公開講座(2015.6.18、熊本市民病院)

25.ALMの診断と治療.井上雄二.
平成27年度日本皮膚科学会皮膚悪性腫瘍指導専門医研修会(2015.7.4、大阪)

26.薬疹について.井上雄二.
   第28回北部地区耳鼻咽喉科カンファレンス(2015.11.18、ニューオータニ熊本)

27.薬疹.井上雄二.熊本双極性障害勉強会(2015.11.19、メルパルク熊本)

28.頭部に生じた汗孔腫の2例.
   上村美穂子、加口敦士、肥後順子、井上雄二、田上俊英、影下登志郎、尹浩信.
   日本皮膚科学会第214回熊本地方会(2014.12.14、熊本)

29.ガイドラインに即した創傷治癒
   ‐Wound bed preparation(WBP)とMoist wound healingとは-.井上雄二.日本皮膚科学会第66回西部支部総会モーニングセミナー(2014.11.9、高松)

30.11年間に経験した足底メラノーマ123例の検討.井上雄二、福島聡、増口信一、石原剛、影下登志郎、尹浩信.日本皮膚科学会第137回宮崎地方会(2014.3.9、宮崎)

31.ALMのダーモスコピー所見について.井上雄二
 第40回皮膚かたち研究会(2013.7.28)

32.Dermoscopic features of acral lentiginous melanoma of the sole
   in Japanese population. Yuji Inoue, SatoshiFukushima, Shinichi Masuguchi,
  Toshiro Kageshita, Hironobu Ihn., 10th International Meeting of the Society
  for Melanoma Research(2013.11.17)

■ 社会活動

1.Kumamoto Dermatology Web Seminar司会,2020年10月30日.
2.「手湿疹」について.井上雄二 KABくまわぱJ出演 2020年4月25日放送
3.「今から対策 紫外線」テレメッセくまもと出演、NHKくまもと2019年5月23日放送.
4.「日焼け」について。TKUテレビ医療大百科 2018年7月23日(月曜日)11:20〜放送
5.ビブリオ・バルにフィカスの臨床像提供.井上雄二(水前寺皮フ科).
  ザ!世界仰天ニュース.2018.2.20放送.日本テレビ
6.とびひ・水イボ.井上雄二、健康リポート医療大百科.2017.7.31KKT放送
7.ひふの日記念市民公開講座 座長 2017.11.5 熊本県医師会館大ホール


水前寺皮フ科医院
〒862-0950 熊本県熊本市中央区水前寺5-15-8
096-382-4551

Copyright (c) Suizenji Dermatology All Rights Reserved.