熊本市中央区の皮膚科 水前寺皮フ科医院 【皮膚科・形成外科・アレルギー科・皮膚腫瘍科・性感染症内科】
ホーム > モーラス負け

モーラス負け

モーラス®、ミルタックス®(ケトチフェン)テープによって光アレルギー性皮膚炎を起こることが知られています。光アレルギー接触皮膚炎の特徴としては、@テープを貼っただけではかぶれなくても、Aテープを貼った部位に日光が当たると湿疹反応を起こします。B湿疹が治った後、数カ月経っていても同じ場所に日光が照ると湿疹が再発します。この症状は、ヒトによって違いまうすが、最長のヒトは1年近く続きます。





この現象は、皮膚に残っていた薬剤が化学変化を起こして、その成分に対してアレルギー反応を起こしてしまうからです。


さらに、モーラステープにかぶれた場合にはケトチフェン以外の成分でかぶれを起こすことも知られています。代表的な成分は4-tert-ブチル-4’-メトキシジベンゾイルメタンです。この成分は化粧品や日焼け止めクリーム、シャンプー、リンスなどにも入っていることがあり、モーラスに負けたヒトは、色々な化粧品などにかぶれを起こす可能性があります。



 



水前寺皮フ科医院
〒862-0950 熊本県熊本市中央区水前寺5-15-8
096-382-4551

Copyright (c) Suizenji Dermatology All Rights Reserved.