熊本市中央区の皮膚科 水前寺皮フ科医院 【皮膚科・形成外科・アレルギー科・皮膚腫瘍科・性感染症内科】
ホーム > 伝染性軟属腫(水いぼ)

伝染性軟属腫(水いぼ)

<病因>
伝染性軟属腫ウイルス(ポックスウイルス科)の感染によって起こり、全身どこにでも発生します。手指などに起こりやすい尋常性疣贅の原因はヒト乳頭腫ウイルス(HPV)であり、原因ウイルスが異なります。
<症状>
長径2〜5mm大の小丘疹が多発します。水イボと言われますが、内部に液体が入っているわけではありません。ウイルスに感染しても発症するかどうかは免疫力に依ります。子供に多い病気ですが、成人でもステロイドや免疫抑制剤内服中の患者では発症することがあります。反対に、免疫力がついてくると自然に治癒します。一般的には小児では1年〜1.5年程度で自然消退するとされます。肌と肌との直接接触によって他人に感染しますが、登園・登校やプールに対しては禁止する必要はありません。
<治療>
1、経過観察:ほとんどの水イボは1〜1.5年以内に免疫獲得で自然消退します。
2、摘出:鑷子にて摘み取ります。
3、冷凍凝固:液体窒素にてイボ全体を凍らせると、2〜3週間で脱落します。ただし、鑷子による摘出も冷凍凝固も強い痛みを伴います。施術2時間前に局所麻酔テープ(ペンレステープ)を貼ると痛みは軽減します。ただし、無痛になるわけではありません。
4、ヨクイニン内服:ハト麦の粉を主成分とした内服薬で、尋常性疣贅や水イボに対する免疫力獲得の助けになります。


水前寺皮フ科医院
〒862-0950 熊本県熊本市中央区水前寺5-15-8
096-382-4551

Copyright (c) Suizenji Dermatology All Rights Reserved.