熊本市中央区の皮膚科 水前寺皮フ科医院 【皮膚科・形成外科・アレルギー科・皮膚腫瘍科・性感染症内科】
ホーム > アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎とは:慢性的に経過する皮膚の炎症で、強いかゆみを伴います。以前は、アレルギー性の皮膚の炎症として考えられていましたが、最近では本来皮膚が持っているバリアー機能の破綻が大きく関与していることが分かってきました。
<アトピー性皮膚炎の定義>
「アトピー性皮膚炎は、増悪・寛解を繰り返す、そう痒のある湿疹を主病変とする疾患であり、患者の多くはアトピー素因を持つ」と定義されます。
(※アトピー素因:1)家族歴・既往歴(気管支喘息、アレルギー性鼻炎・結膜炎、アトピー性皮膚炎のうちのいずれ、あるいは複数の疾患)、または2)IgE抗体を賛成し易い素因)
<アトピー性皮膚炎の診断基準>
(1)皮疹は湿疹病変
・急性病変:紅斑、浸潤性紅斑、丘疹、漿液性丘疹、鱗屑、痂皮
・慢性病変:浸潤性紅斑・苔癬化病変、痒疹、鱗屑、痂皮
(2)分布
・左右対側性 好発部位:前額、眼囲、口囲・口唇、耳介周囲、頸部、四肢関節部、体幹
・参考となる年齢による特徴
乳児期:頭、顔にはじまりしばしば体幹、四肢に下降。
幼小児期:頸部、四肢屈曲部の病変。
思春期・成人期:上半身(顔、頸、胸、背)に皮疹が強い傾向。
(3)慢性・反復性経過(しばしば新旧の皮疹が混在する):乳児では2ヵ月以上、その他では6ヵ月以上を慢性とする。 上記1、2、および3の項目を満たすものを、症状の軽重を問わずアトピー性皮膚炎と診断する。
そのほかは急性あるいは慢性の湿疹とし、年齢や経過を参考にして診断する。
したがって、乳児の湿疹病変を一度見て、アトピー性皮膚炎の診断はできません。

乳児(脂漏性)湿疹
病因:基本的には病因不明ですが、本来持っている体質(家族歴)と生活環境(抗原刺激)が関係して発症すると考えられています。
最近では、皮膚の表面である角質がうまく作れないために、バリアー機能が低下していることが大きな病因であり、特定の遺伝子が関与している(フィラグリン遺伝子など)ことも分かってきています。
臨床: アトピー性皮膚炎の皮疹は、患者さん個人によって異なりますが、基本的には湿疹の繰り返しになります。したがって、皮疹の重症度も湿疹の程度によります。
<それぞれの皮疹の重症度>
重症:高度の腫脹/浮腫/浸潤ないし苔癬化を伴う紅斑、丘疹の多発、高度の鱗屑、痂皮の付着、小水疱、びらん、多数の掻破痕、痒疹結節などを主体とする。
中等症:中等度までの紅斑、鱗屑、少数の丘疹、掻破痕などを主体とする。
軽症:乾燥および軽度の紅斑、鱗屑などを主体とする。
軽微:炎症症状に乏しく乾燥症状主体
日本皮膚科学会「アトピー性皮膚炎診療ガイドライン」より
重症のアトピー性皮膚炎:全身に紅斑、丘疹、掻破痕、色素沈着および皮膚の浮腫あり
治療:アトピー性皮膚炎の治療に最も大切なことは治療の継続です。
症状が軽快したら治療を中断するのではなく、症状に応じた治療法を選択して、治療を続けることが大切です。
アトピー性皮膚炎は小児に多い病気です。
これは、大人になるにつれて自然に治っていく患者さんが多いということを表しています。
しかしながら、小児期に適切な治療を行わないままに放置すると成人になってもアトピー性皮膚炎が治らないことになってしまいます。
大切なことは、小児期にアトピー性皮膚炎を治すことであり、そのためには小児期に適切な治療を継続して行うことです。
また、最近は成人〜老人のアトピー性皮膚炎患者が増えています。
その理由は不明ですが、生活環境の変化も一因ではないかと考えられています。

具体的な治療法:アトピー性皮膚炎は遺伝的な素因および内的・外的悪化因子があり、病気そのものを完全に治すことは困難です。
したがって、症状を軽快させて、いい皮膚の状態を保ちながら自然に治るのを待つ、対症療法しかありません。
その治療法の大きな柱は内服療法および外用療法です。
ただし、2018年よりこれに注射(生物学製剤)による治療法が加わりました。

1.内服療法
(ア)抗アレルギー剤内服
(イ)副腎皮質ホルモン内服
(ウ)免疫抑制剤内服:アトピー性皮膚炎に保険適応があるのはネオーラルだけです。
(エ)JAK阻害薬:オルミエント®(バリシチニブ)がアトピー性皮膚炎にも適応拡大になりました。重症のアトピー性皮膚炎患者に適応があります。
2.外用療法
(ア)副腎皮質ホルモン(ステロイド)外用
アトピー性皮膚炎の治療に副腎皮質ホルモンの外用療法は欠かせません。以前は、ステロイド忌避の患者さんが多くいました。これは、ステロイドに対する誤った認識による場合が多かったためです。
確かに、強いステロイドが体に塗り続けると皮膚が薄くなる、多毛になる、易刺激感を感じるなどの副作用が出現します。
皮膚の症状に合ったステロイドを選択して、適正な期間使用することが大切です。
ステロイドの吸収性は、部位によって異なります(図)ので、強いステロイドを顔面に塗り続けると比較的短期間にステロイド皮膚症を引き起こすことがしられており、短期間にステロイド以外の塗り薬に変更することが大切です。
Feldman RJ and Maibach HJ: J.Invest. Derm 48,181,1967
(イ)保湿剤外用
最近の研究によれば、アトピー性皮膚炎の患者では適切な角質形成が損なわれていることが分かってきています。その為に、アトピー性皮膚炎患者の皮膚は乾燥しやすいという特徴があります。したがって、乾燥した皮膚に対して保湿剤の外用は不可欠です。
(ウ)免疫抑制剤外用
プロトピック軟膏は、ステロイドとは異なり長期間連続使用しても皮膚の萎縮や多毛などの副作用はありません。アトピー性皮膚炎の治療には欠かせない塗り薬です。特に顔面の湿疹に対してはプロトピック軟膏の外用は不可欠になっています。
プロトピック軟膏(小児用、成人用)
JAK阻害薬
ヤヌスキナーゼという酵素の働きを阻害することで、皮膚の炎症を抑える分子標的薬。初めてのJAK阻害の外用剤です。副腎皮質ホルモン外用剤と違い、皮膚を薄くしたり、血管拡張したりする副作用がないため、顔にも長期間の連用ができます。
(エ)プロアクティブ療法
アトピー性皮膚炎の患者の多くは症状が悪化したときにステロイドやプロトピック軟膏を外用することで治療する場合が多い(Reactive療法)ですが、Proactive療法は、皮膚の症状が軽快した後に保湿剤などで治療を継続することでアトピー性皮膚炎の悪化を防ぐ治療法です。
例えば、症状が悪いときには@ステロイド軟膏を2回/日、朝・夕外用します。A症状に合わせて、ステロイド軟膏を1回/日、B2日に1回塗る、B3日に1回塗る、C一週間1回塗るというように減量していき、間に保湿剤を塗っていく方法です。
3.転地療法
アトピー性皮膚炎の患者さんの中には入院するだけで症状が劇的に軽快するヒトがいます。
これは、生活環境の中にダニやハウスダストなどの様々なアレルゲン(アレルギーの原因物質)が存在するために、それらとの接触を断つことでアレルギー反応が軽減するためです。
つまり、住環境などの生活環境にアトピー性皮膚炎の悪化因子がある場合には転地することも治療の一つです。
4.注射療法
俗にいうBio製剤であるディピクセントはアトピー性皮膚炎における炎症の始まりである、IL-4/13に対する抑制を行います。したがって、従来の治療法が皮膚の炎症が起こったのを止める治療であったのに対してBio製剤は炎症を起こさないようにする治療です。アトピー性皮膚炎を火事に例えると、従来の治療法が消火剤であったのに対してBio製剤は火事そのものを起こさないようにする見回りのようなものです。重症のアトピー性皮膚炎の治療については、画期的な薬剤となることが予想されます。
予防: アトピー性皮膚炎の発症にはある一定の遺伝子が関与していることが分かってきています。
その遺伝子の多くは、角質の保水力に関与しており、「アトピー性皮膚炎は、皮膚の表面の角質がうまく形成できない」疾患であるとの説が有力です。
角質がうまく形成できなければ皮膚の表面の水分が失われて乾燥肌になってきます。そこで、普段から保湿剤の使用が重要になってきます。
別の論文では、乳児期より保湿を行った場合とそうでない場合ではアトピー性皮膚炎の発症率が違うことも証明されています。つまり、アトピー性皮膚炎の治療で大切なことは、症状が悪化する前より、保湿剤と使って適切なスキンケアを行うことです。


水前寺皮フ科医院
〒862-0950 熊本県熊本市中央区水前寺5-15-8
096-382-4551

Copyright (c) Suizenji Dermatology All Rights Reserved.